【保存版】高額買取の着物の種類まとめ!

着物買取で高額査定が期待できるのは、伝統的工芸品の着物や文化財の着物、着物が有名作家や人間国宝の作品です。
伝統的工芸品の染織品は全国各地にあり、有名な大島紬や西陣織やあまり出回っていない貴重価値が高い織物まで紹介していきます。

全国各地の伝統工芸品の着物一覧

米沢紬(山形県米沢市)
会津木綿(福島県会津若松市)
本場結城紬(茨城県結城市)
足利紬(栃木県足利市)
桐生織(群馬県桐生市)
伊勢崎銘仙(群馬県伊勢崎市)
秩父銘仙(埼玉県秩父市)
多摩織(東京都八王子市)
小千谷縮(新潟県小千谷市)
越後上布(新潟県南魚沼市)
上田紬(長野県上田市)
遠州木綿(静岡県浜松市)
浜ちりめん(滋賀県長浜市)
西陣織(京都府京都市)
丹後ちりめん(京都府京丹後市)
織絨毯(大阪府堺市、和泉市)
播州織(兵庫県西脇市)
作州絣(岡山県津山市)
備後絣(広島県福山市)
倉吉絣(鳥取県倉吉市)
弓浜絣(鳥取県米子市、境港市)
広瀬絣(島根県安来市)
柳井縞(山口県柳井市)
伊予絣(愛媛県松山市)
博多織(福岡県福岡市)
小倉織(福岡県北九州市)
久留米絣(福岡県久留米市)
佐賀錦(佐賀県佐賀市)
大島紬(鹿児島県奄美大島)

 

友禅

 

友禅染めの特徴は色鮮やかな色彩で絵柄も花木や鳥、山水など華やかなのも特徴です。
友禅はいつからある技法かというと、江戸時代前期にあたる元禄時代に誕生して、友禅を生み出した宮崎友禅斎(みやざきゆうぜんざい)の名前に由来しています。

三大友禅

 

友禅の技法を使った地域の染め物として有名なのが、京友禅・加賀友禅・東京友禅の友禅染めでまとめて三大友禅と呼ばれいます。
それぞれの友禅染めには特徴があるので紹介していきます。

 

京友禅

友禅染めの元祖が京友禅で友禅を生み出した宮崎友禅斎が始めたのも京友禅です。
友禅の中で一番豪華絢爛で華やかなのが京友禅で刺しゅうや金銀箔が施されているのが最大の特徴で江戸時代には貴族や公家が着る着物として愛され今でも京都で華やかな着物として人気があります。

 

加賀友禅

友禅染めを誕生させた宮崎友禅斎が石川県金沢市に京友禅を広めその土地で独自に発展したのが加賀友禅です。
京友禅は刺繍や金銀箔が施されて豪華絢爛なデザインが特徴でしたが、加賀友禅は刺繍や金銀箔はなく、落ち着いた染めだけの技法になっているのも特徴です。臙脂・藍・黄土・草・古代紫を配色した加賀五彩や先ぼかし、虫喰いと呼ばれる独自の技法が用いられた伝統的工芸品です。

 

東京友禅

京友禅は分担作業で着物を仕上げていきますが、東京友禅は一人の職人が全作業を行うのが特徴です。
京友禅の華やかさとは違い、東京友禅が発展していた江戸では贅沢禁止令が出ていたため華やか着物ではなく落ち着いた渋い色合いとデザインになっています。

 

紬は繭から糸を紡いでから作られた絹の織物です。
紬のお着物で有名なのが大島紬、結城紬や塩沢紬で紬の中でも高額査定が期待できるのは大島紬と言われています。
バイセルの査定員さんから聞いた話だと紬の中でも希少価値が高い牛首紬が今高額査定が付きやすいそうです。

 

大島紬

 

大島紬は世界三大織物のひとつとして有名な高級品の着物で鹿児島県奄美大島の伝統工芸品で歴史は約1300年ある価値のあるお着物です。
大島紬の特徴は絹の糸で織りあげられた着物で作成には1年をかけて30工程と27の検査をして本場の大島紬作りあげる手間のかかる着物なので厳しい審査に合格した着物が本物という証明の証紙が付きます。

 

 

上布

 

上布は麻の生地で夏の着物として最上級の着物として有名ですよね。
上布の伝統的工芸品は代表的なもので6種類会津上布、越後上布、近江上布、能登上布、宮古上布、八重山上布があります。
どれも国指定された伝統工芸品に指定された着物です。

 

越後上布(小千谷縮)

 

越後上布はユネスコの無形文化遺産に登録されて着物の技法では第一号になります。
朝廷や将軍家への献上品としても親しまれたと記述があるぐらい歴史のある織物なんですね。
なぜ、無形文化遺産に登録されたかといわれると越後上布は苧麻を手摘みした糸を使い手作業が含まれるため大変手間のかかる織物だからなんです。

 

 

名前の通り絣糸を織って柄を出し着物の技法ですが、絣は着物の柄のことを指します。
この柄が絣の最大の特徴で、絣糸を縦と横をづらして織っていくことで柄の模様がかすれて見えること、交差して絣糸を織っていくことで丈夫な着物に仕上がります。

絣の種類

・蚊がすり、井桁模様
・雪がすり、亀甲模様
・絵がすり
などがあり、柄が細かいほど買取額も高額査定になりやすいです。

 

小紋

 

小紋の着物とは型染めという技法絵柄そ染めていくのが特徴のお着物です。この絵柄は上と下の柄が統一なのも特徴でおしゃれをしてお出かけするのにぴったりな着物です。例えばコンサートやお茶会、フォーマルなお食事会などにも品があっておすすめです。

 

小紋の種類

江戸小紋
小紋友禅
紅型小紋
絞り小紋
更紗型小紋

 

この中でも江戸小紋と小紋友禅は紋を一つ付けることで他の小紋よりも格が上になります。

着物作家一覧(人間国宝)

稲垣稔次郎
(いながきとしじろう)
上野為二
(うえのためじ)
江里佐代子
(えりさよこ)
小川規三郎
(おがわきさぶろう)
小川善三郎
(おがわぜんざぶろう)
鎌倉芳太郎
(かまくらよしたろう)
喜多川俵二
(きたがわひょうじ)
喜多川平朗
(きたがわへいろう)
北村武資
(きたむらたけし)
木村雨山
(きむらうざん)
久保田一竹
(くぼたいちく)
甲田栄佑
(こうだえいすけ)
甲田綏郎
(こうだよしお)
古賀フミ
(こがふみ)
小宮康助
(こみやこうすけ)
小宮康孝
(こみややすたか)
佐々木苑子
(ささきそのこ)
清水幸太郎
(しみずこうたろう)
志村ふくみ
(しむらふくみ)
将雪英
(しょうせつえい)
鈴田滋人
(すずたしげと)
芹沢_介
(せりざわけいすけ)
平良敏子
(たいらとしこ)
田島比呂子
(たじまひろし)
田畑喜八
(たばたきはち)
玉那覇有公
(たまなはゆうこう)
千葉あやの
(ちばあやの)
土屋順紀
(つちやよしのり)
中島秀吉
(なかじまひできち)
中村勝馬
(なかむらかつま)
中村勇二郎
(なかむらゆうじろう)
羽田登喜男
(はたときお)
深見重助
(ふかみじゅうすけ)
福田喜重
(ふくだきじゅう)
ニ塚長生
(ふたつかおさお)
細見華岳
(ほそみかがく)
松原定吉
(まつばらさだきち)
宮平初子
(みやひらはつこ)
宗廣力三
(むねひろりきぞう)
村上良子
(むらかみりょうこ)
森口華弘
(もりぐちかこう)
森口邦彦
(もりぐちくにひこ)
森山虎雄
(もりやまとらお)
山田栄一
(やまだえいいち)
山田貢
(やまだみつぎ)
吉田文之
(よしだふみゆき)
与那嶺貞
(よなみねさだ)
初代・六谷梅軒
(六谷紀久男・ろくたにきくお)
二代目・六谷梅軒
(六谷博臣・ろくたにひろおみ)